アメ車のススメ

近頃アメ車が非常に元気です。
今から20年ほど前までは日本での販売台数もほどほどあったものの、その後は日本ではヒットに恵まれずすっかり陰のない存在に。
だが今までは日本の会社が相談役契約で販売していたのを終わり、日本法人を作って販売をするようになったこともあり、もうすぐ車種が増えて選択肢が増えてきています。
アメ車と聞いて予めイメージする人が多いのが「たちまち割れる」は。
但し最近のアメ車は本国のアメリカも外国メーカーの勢力との競争を勝ち抜くために品質が上がっています。
またアメリカは国土も大きく、長距離ドライブが当たり前なお国柄なので、普通に見直してれば走行距離が10万キロになったとしても最適ほど丈夫なエンジンだ。
すくなくとも品質に不安を覚える心配は乏しいかと思います。
あとアメ車に限った結果はないですがイメージすることが多いのは「維持費が高いのでは?」は。
これに関しては却って最近のアメ車のほうが経済的かもしれません。
たとえばSUV。
日本車で大型SUVとなると排気量3500cc以上となりますが、フォードの「エクスプローラー」はエコブースト言う技術で排気量2000ccのエンジンを搭載しているモデルを販売しています。一旦試乗しましたが、言われなければからきし気付かないほどだ。
勿論排気量も可愛いため税金が安く、燃費も良好です。
また点検や車検もカー用品店などにお願いすれば国産車って全然変わりません。
以上のようにいまや「アメ車だから」という敬遠する時代はいまや過去の話で、車選びの選択肢としてとにかくオススメしたいだ。 コンパクトカー 比較

車選びの理想という現実

結婚に理想といった現実があるように、車選びにも厳然たる理想って現実があると思います。
スポーツカーや2シーターオープンカーが大好きも、家族が居ればシート数が多く大容量の車を
運転技術に難があるならオートマチックで小回りがきく小型車を選ぶしかありません。

さて私の理想の車は旧車で生産台数が少ない希少絶版車のランチア・ストラトス HF ストラダーレだ。
スタイリッシュなスポーツカーが屋根にスペアタイヤをひとつ乗せてアフリカの未舗装の大地を
砂煙を上げて疾走する姿に「無謀やろっ!」と突っ込みをいれつつ一目惚れしてしまいました。
調べるとこういうストラトスは1970年代半ばに世界ラリー選手権で勝つことを目的に作られた車で
総生産台数は500台足らずでした。そういった希少車(そうして高価)選べる訳ないです。
それ以前に私はミッション車が運転できません。

そうして現実、私の愛車は旧車で生産台数が少ない超不人気絶版車のSUZUKI X-90だ。
おんなじSUZUKIのカプチーノの着ぐるみを着たエスクードの様な姿のこういう車知る人は低く、
純然たる市販車のに総生産台数は4500台でした。そうして安かったので買いました。
あんな不人気車ですがオートマチック車だ。

妥協する点が若干面白いと思いますがこれが私の車選び・理想と現実です。ミニバンランキング|2016年人気のミニバンを比較!

光岡「オロチ」生産終了だ

知る人ぞ知る光岡自動車のなんちゃってスーパーカー「オロチ」ですが、こういうたび生産終了するそうです。コンセプトはファッションスーパーカーですが、要は見た目はスーパーカーだけど中身はそうでもないという車だ。いよいよ、スーパーカーを買ったところで、公道を駆けるだけだったらその性能を干上がることは絶対にないですからね。見た目重視はある意味真新しい考え方でした。搭載しているエンジンはトヨタ製の3.3L233馬力なので、どうしても非力ということもありません。最も、お客様のレビューではこの辺がかなり手厳しく言われてて、「まるっきり走らない」みたいなことをいう人もいましたが、走りの性能を勧めたかったら他にどしどし車がありますから、そんな人はがんらいこういう車を買ってはいけないような気がします。
しかし、個人的にお金があったとしてこういう車を貰うかどうかと考えると、枯れることがないと分かっていてもなおさら高性能な走りの車が欲しくなると思います。非力ではないっていえ、案の定アクセルを踏んですときの背中を押されるような加速感はよくゼロですから、買うことはないでしょうね。
なんというか完全に所有欲を満たすための車という感じです。SUVランキング

本当に12年ぶりのマイナーチェンジ

いわゆる商用車、会社で取り扱う仕事用の車といえば、プロシートやADバンが有名、というか他にはありませんが、そういったプロボックスが12年ぶりにマイナーチェンジしました。マイナーチェンジですら12年ぶりというところに、流行は関係のない商用車の特長が出ている気がします。それでもこれって考え方を変えると、12年間見続けてきた今でも古くささを感じないということでは?というって、商用車という限られたジャンルとはいえすごいことだと思いました。
マイナーチェンジなので、外観はたいして変わっていませんが、内装は今どきの装備が増えています。意外と、スマホも混ざるスマホホルダーや、1リットルジュースのパックがまつわるホルダーが標準装備。ビジネスバッグが運転席という助手席の間に捨て置くことができたり、ふとしたテーブルが運転戦記の横に出来たりという、さすがに仕事用と思わせる装備が充実だ。ただ、これらを見ていると、普通の車にあってもいいんじゃないのかな、という気がしてきます。
スマホ用ホルダーはみんなカーショップなんかで買ってきてつけているし、ミニテーブルもあったらあったで何かと使えそうだ。
別にスマホ(スマホ)ホルダーは普通乗用車に標準装備されてもいいのではないかと思います。【車査定】相場の調査法&車査定額が高い業者はココ!

スタイリッシュな外観に先進技術を兼ね備えた「タントカスタム」

タントカスタムは、ダイハツから販売されている軽自動車だ。タントという車種の派生型で、ワンランク上の上質な走りと空間が味わえます。ここからは、そういったタントカスタムに関して紹介していきます。
ひとたび、底値は151万円からとなってあり、4WD車もラインナップしているので、多くの選択肢の中からお気に入りの1台を選ぶことができます。そのボディカラーは全部で7種類あり、ホワイトやシルバー以外は、ダークトーンが中心となっています。パープルやブラウンなどは、女性にもお勧め次にインテリアについてですが、室内はブラックを基調とした上質な作りとなっています。フロントガラスは赤外線という紫外線の両方をカットするので、日焼けを心配する人にも安心です。また、シートアレンジのパターンも複数あるので、大きな荷物などが問題なく積み込める他、助手席を前に倒してテーブル仕様にすることも可能です。小物の収納箇所も多いので、飲み物や冊子なども直ちに取り出せます。
 そうして、タントカスタムは環境や安穏にも配慮されてある。ガソリン1リットルあたりの走行燃費は28.0kmを覚え、ダイハツ独自のアイドリングストップ機能です「新エコアイドル」で、無駄なガソリン消費を防ぎます。安全面においては「スマートアシスト」というシステムを搭載し、低速での衝突回避支援機能や誤発進抑制機能などで、ドライバーというツーリストを貫き通します。軽自動車 人気|2016年軽自動車のランキング比較!

軽自動車ってどうにもお値がはるんですね

新らしき車を買おうと憧れ、現在耐える日々を過ごしてある。昔からちっちゃな車が大好きで、正直、ミニクーパーが欲しいのですが、私の嫁さんは大反対だ(笑)いまはトヨタの『プリウスアルファ』が第一候補というところかもしれません。『プリウスアルファ』のいいところは、さっそく荷物スペースが広々で、物がたくさん混ざるところがまぁ驚くほどたくさんあります。仮に子供がいてもチャイルドシートから乳母車まで敢然と加えることができますね、最適ほど荷台があると思います。あと、燃費はよっぽど違うね、やはりハイブリッド車だ。ただし、価格は超高いですね。完全に予算オーバーでした。これからいまの車が車検だったので、日産にふらっとお邪魔したのですが、その時にあった日産『デイズルークス』を発見しました。軽自動車なので燃費も抜群厳しく、荷物のスペースもたっぷりのせれることができる感じ。なによりも、後部座席が前後でき、荷物を載せるとき、人を乗せるときにも広々スペースをとることができるのは思い切り良し点でした。正直さんざっぱら気になったのですが、値段が誠に180万円もしました。軽自動車って…これ程高かったでしょうか?普通車よりも税金も低いからまだいいですが、軽自動車がこんなにももとは思いませんでした。輸入車 人気

黒色のバモス

友達の黒色の古いバモスに関しまして書きます。

最初はそれほど、気になっていませんでしたが、愛くるしいと思えるようになりました。

ポイントは五つあります。

意外と、最新に、バモスと書かれている、座席下の足マットだ。
描かれておるバモスのシルエットが心から眩しいだ。窓やら余計な部分は描いて無く、あくまでも黒いシルエットのみ。

切り取ってその部分だけほしいぐらいだ。

次に、タイヤだ。細かく言いますと、軽トラをひと目みた可愛らしさに似てると思います。

その感覚は、例えるなら、二頭身のゆるキャラを見たときのような、きゅんとなる可愛さだ。

正面から斜め横の角度がいいです。

3つ目はエンジンの音だ。

失礼な話ですが、眩しいとかではありません。ちょくちょく踏み込むとギュイーーンと、うなります。

それがどうしてかわいいかというと、頑張っている感が出ているというからです。

バイパスで、世間の道からスピードを流すときさえ、凄まじくうならないと、直ちに他の車に追い越されてしまう。

二度と高速なんて必死のパッチのベタ踏みだ。

心配になるほどうなりますが、心配いりません、今までうなりすぎてひどいことはないので。

4つ目に座席だ。

一言でいうと、コンパクト感が満載だからだ。やけに動く車。人をたくさん乗せるよりも、仕事道具を箱に入れておいたり、長靴を無造作に乗せるのが似合っている。

5つ目にライトだ。

今の流行りみたいに、吊り上がった目ではなく、遠慮がちな困り目な四角い目というか、最も眩しいだ。車査定